就活コラム

働くをもっと自由に。
もっと自分らしく。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 就活
  4. 【スタートダッシュを切る!】22卒の就活スケジュール

【スタートダッシュを切る!】22卒の就活スケジュール

 

Libertyでは、このメディアを通して、新卒採用に関する有益な情報を発信していきます!

就職活動に悩んだり、行き詰まったりしていませんか? 私たちは、就職活動を経験した学生だからこそ分かる、リアルな価値の高い情報をお伝えしていきます。

 

【プロフィール】

株式会社Liberty

福岡×若手に特化したキャリア支援を行う。「自分らしく生きる人を増やす」をモットーに、面談・就活イベント・就活情報を通して学生のキャリア形成をサポート。

▼面談お申し込みこちら▼

https://www.liberty-inc.co.jp/blank-2

 

先日行われたLibertyの新卒向けオンラインイベントに来場していただいた方から、「就活って何から始めればいいですか」という質問をいただきました。今回、記事を書くにあたり、Libertyで長期インターンをしている21卒の先輩方の話を参考にしました。先輩方の経験談を踏まえて、就活スタートダッシュを切りましょう!

 

この記事のポイント

  • 22卒が就活を何から始めればいいかわかる!
  • 21卒の実際の声から今何をすべきかわかる!

 

目次

  1. 就活のスケジュール
  2. 就活の進め方
  3. では、大学3年の5月下旬の今、何をすればいいの?
  4. まとめ

 

1.就活のスケジュール

まず、22卒の就活の一般選考のスケジュールを確認します。

経団連が取り決めたスケジュールでは、

 

(企業広報)解禁日→大学3年(修士1年)の3月1日

選考開始→大学4年(修士2年)の6月

内定→大学4年(修士2年)の10月1日以降

 

となっています。ただし、このルールは形骸化しており、特に経団連に所属していない外資系企業コンサルティング・ファームベンチャー企業はスケジュールにとらわれずに採用しているようです。

また、経団連傘下の企業の一部でも表面上は守っていても、実際はインターンシップに参加する学生の中から優秀な学生を選抜し、リクルーターによる面談を繰り返し、実質的には4月・5月中に内々定の意向を告げ、6月1日に面接を行ってその場で内々定を出すということが行われているようです。

後ほど述べますが、21卒Libertyインターン生も経団連のスケジュールにとらわれずに就活をしていて、まだ選考開始されていないにも関わらず、すでに内定をもらっているという方がほとんどです。

Libertyインターン生の中には、大学3年の8月にESを提出、選考会があり、9月~10月に面接し、10月末に内定、という早さで就活を終わらせた方もいらっしゃいました。

大学3年の5月下旬現在、この記事を読んだ後からすぐ動き出しましょう!

 

2.就活の進め方

Libertyインターン生のお話をもとに、就活の進め方をまとめてました。ただし、これが一例に過ぎないことはご了承ください。

 

3年5月~

【夏インターンに向けた準備】

・各種就活サイトに会員登録(リクナビ、マイナビ、offerbox、dodaキャンパス…)

・説明会に参加

・就活サイト、説明会の情報を頼りに、気になる企業をピックアップ→インターンに応募(ES提出の企業あり)

3年6月~

【夏インターン情報解禁】

・夏インターンの応募&参加

・夏インターン用のESの提出が求められることがあります

※採用直結のインターンも中には含まれます

3年9月~

【秋・冬インターン応募&参加、筆記試験対策、OB/OG訪問】

3年1月~

【ES、面接対策】

3年3月1日

エントリー(企業広報)解禁日】

4年6月~

【選考開始】

4年10月1日~

【内定】

 

3.では、大学3年の5月下旬の今、何をすればいいの?

ズバリ、6月1日解禁に迫った、夏インターンに向けた準備です!

 

 

夏インターンは、夏休みに行われ、期間は数日~1か月以上と企業によって様々です。プログラムも企業によって様々で、実践的な業務に直接かかわるもの、新規プロジェクトの提案をとおして業務理解を深めるものなどあります。どれも自分の適性を見極めたり、業界研究に直結したりする機会になります。

 

Libertyインターン生からは、

  • 夏インターンを通して、自分の強み・弱みを発見した
  • その企業(業界)が自分に向いているかどうかを確かめる機会になった
  • 夏インターンでのつながりで、ベンチャーの世界を知り、ベンチャー企業をみる機会になった

という感想が寄せられました。

 

夏インターンに参加することで、

  1. 自分の適性や課題をより深く理解できる
  2. 業務内容に直接触れることで業界・企業の理解が進む

というメリットがあると言えます。

また、ヒアリングした先輩方のインターン参加社数は、夏冬合わせてですが、平均10社で、最高20社でした。少しでも興味のあるインターンにたくさん参加することで、自分の就活の方向性が見えてくると思います!

 

では、夏インターンに向けた準備とは何でしょうか。以下にまとめてみました。

(1)自己分析(←別記事で詳しく書いていますのでチェック!)してみる

┗将来の夢を考える

┗夢に向かって学生時代何を頑張ってきたのか考える(いわゆるガクチカ!)

┗頑張ってきたことでどれくらい夢に近づいたか考える

(2)夢を実現できそうな業界をピックアップする

(3)その業界にどんな会社があるか調査し、リストにまとめる

(4)夢に向かって学生時代何をやったか(学生時代頑張ったこと)

(5)それを頑張ることでどれくらい夢に近づいたか

 

今のところ自己分析が進んでいない、業界を絞っていない、という方、たくさんいらっしゃると思います。ですが、ヒアリングした先輩方によると、インターンに参加することで、自分が見えてきたり、業界・企業が見えてきたりするそうです。

なので、少しでも興味がある、という企業をピックアップし、インターンを申し込むだけでも、就活が進んだと言っても過言ではありません。さらに、余裕のある方は、インターン申し込み時にESの提出を求められることがあるので、(4)、(5)を考えることをおすすめします。

インターンに参加するべき企業が見つからない、自己分析が進まないなどの心配事、相談したいことがあれば、Libertyが面談いたします!ぜひ、こちらからお申し込みください!

 

4.まとめ

  • インターンに参加したい企業を探しましょう!応募しましょう!
  • 自己分析を開始していきましょう!

 

〈参考文献〉

 

【著者プロフィール】
九州大学 文学部 3
進藤 菜々穂(しんどう ななほ)
趣味:書道
志望業界:教育、メーカー、最近ITも気になってます
インターンシップ参加実績:これからです!!

 

関連記事