就活コラム

働くをもっと自由に。
もっと自分らしく。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 就活
  4. 就活の軸ぶれていませんか?インターンを利用して自己分析をしよう!

就活の軸ぶれていませんか?インターンを利用して自己分析をしよう!

 

Libertyでは、この就活コラムを通して新卒就職活動に関する有益な情報を発信していきます!

就職活動で悩んだり、行き詰まったりしていませんか?
私たちは就職活動を経験した学生だからこそ分かる、リアルで価値の高い情報をお伝えしていきます。

 

【プロフィール】

株式会社Liberty

福岡×若手に特化したキャリア支援を行う。「自分らしく生きる人を増やす」をモットーに面談・就活イベント・就活情報を通して学生のキャリア形成をサポート。

 

気付けばもう11月になりますね!だいぶ肌寒くなってきました。

みなさん就職活動はすすんでいますか?就活の方向性を確認するためにも、ここでもう一度「自己分析」をしてみましょう!

この記事では自己分析の目的の確認、またインターンを利用した自己分析のやり方を紹介しています。今一度自分の就活を見つめなおしてみましょう!

 

1.就活の軸ぶれていませんか?

 

 

就職活動をしていると時々、就活の軸がぶれてしまうことがあります。

あんなに考えて就活の軸を定めたのに、よくわからなくなってしまった・・・、ということは誰にでもよく起きます。

 

その原因は、「企業に合わせてしまう」ことにあります。

 

内定をもらうために企業に合わせて、思ってもないことを言ったり、したくないことをしたいと言ったり、「偽りの自分」を演じてしまいます。

そんなとき自分では意外と気付かないものです。何が本当で何が嘘なのかわからなくなることがあります。(筆者も就活中この状況になって苦労しました)

 

自分の本当にやりたいことをやるために、働きたい仕事をするために、しっかりと自己分析をして「就活の軸」を見つめなおしましょう!

 

2.自己分析の目的を確認しよう!

自己分析とは、自分のこれまでの経験や考え方などを整理し、自分の価値観やスキル、長所や短所、今後のありたい姿ややりたいことなどを理解する行為です。

 

自己分析の目的は大きく分けて2つあります。

1.自分を知るため

2.自分を他人にわかりやすく伝えるため

 

自分を知る

 

 

自己分析の目的のひとつは、自分を理解することにあります。

自分を知ることによって、どんな業界に行きたいのか、どのような社風が合っているのか、どのような働き方が合っているのかなど、就職活動の方向性が見えてくるでしょう。

 

大切なのは、自分に素直になることです!企業選択をする前にしっかりと「偽りのない自分を知る」必要があります。先ほども述べましたが、就職活動をしていると内定をもらうために企業に合わせて自分がブレてしまうことが多々あります。

 

筆者も就活をしているとき、なかなか内定がもらえなかったために「とりあえず内定をもらえればいい」という考えに陥って、企業に合わせて自分に嘘をついて就職活動をしていた時期がありました。

その結果、方向性がブレブレで書類通過すらできないという状態になっていました。そのとき何のために就活をしているのか考え直しました。

 

就活はただ内定をもらうためではなく、したいことをするため、また生きたいように生きるためなど、人生を充実させるためにしているはずです。

そのためにも「素直に自分を見つめること」がとても大切です。

 

自分を他人にわかりやすく伝える

 

 

自分を理解して企業選択できた後は、企業に対して自分をわかりやすく伝える必要があります。なぜなら、企業側は学生のことを全く知りません。初対面の相手を採用したい!と思ってもらう必要があります。

 

ESや面接での質問の多くはあなたがどんな人間であるか、自社とマッチした人材であるかを判断するためのものです。

自分がこれまでどういう考えでどんな行動をしてきたのか、どんな価値観を持っているのか、どういった経験をして何を感じたのかなどを言語化し、そこから面接で語るエピソードの整理をしましょう。

 

そしてその企業にマッチしていること、活躍できることをアピールする必要があります!

 

3.インターンを利用しよう!

 

 

今回はインターンを利用した自己分析のやり方を紹介します!インターンに参加して、そのまま放置していませんか?せっかく参加したインターンを有効活用しましょう!

 

とても簡単なので、今すぐ、選考に進む前にやってみてください!

 

▼初めて自己分析をするという方はコチラも▼


 

みなさんインターンや説明会でメモをとっていると思います。そのメモを利用しましょう。

やり方は簡単です!

1.企業の話をまとめる(インターンや説明会でのメモ)

2.自分にとって良いか悪いかを判断する

 

一例

 

 

これをすることによって、本当に自分が求めているコトは何なのか、改めて判断することができます。

 

多くの企業は自社がどんなに良い企業なのかアピールします。それはあくまでも企業からみた良い部分です。企業の話を真に受けるのではなく、自分にとって良いか悪いかを判断しましょう。

 

そして自分にとって何が大切なのかわかったら、改めて就活の軸を見直してみましょう。もしかしたら、今までは気付いてなかった新たな気付きがあるかもしれません。

 

4.まとめ

いかがでしたか?就職活動をすすめていくと軸がブレてしまうことはよくあります。そうなっても修正できるように、しっかりと「本当の自分を理解」し、「就活の軸」を定めておきましょう!

 

またLibertyも自己分析のお手伝いを無料で行っています!就職活動に行き詰まった、就活の軸の確認をしたいなど、どんなことでもお気軽にご相談ください!

 

▼公式LINE▼

公式LINEではイベント情報を随時発信中!ES添削、プロのキャリアアドバイザーによる無料面談も受付中!

▼Instagram▼

▼Twitter▼

▼HP▼

 

【著者プロフィール】
北九州市立大学 外国語学部 国際関係学科 4年
大野 悠也(おおの ゆうや)
趣味:卓球、サシ飲み、ドライブ
志望業界:インターネット系全般(特にWeb広告、EC)、人材
インターンシップ参加実績:佐々木総研、エン・ジャパン、パーソル、ネオキャリア、パソナ、リンクアンドモチベーション、デジタル・アイデンティティ、ソフトウエア情報開発、シティ・コムetc

 

<参考>

関連記事