就活コラム

働くをもっと自由に。
もっと自分らしく。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 就活
  4. 【面接の最後の一押し!】逆質問の極意!ほかの学生と差別化するには?

【面接の最後の一押し!】逆質問の極意!ほかの学生と差別化するには?

こんにちは!株式会社Liberty長期インターン生の勝賀瀬です。

今回は、【逆質問】についての極意をお届けします!
面接の準備のために、自己分析や話す練習を重ねて、自分のことを話せるようになった!と思ったら、面接の最後に「何か質問ありますか?」のひとこと…

筆者も自分のことを話すので精一杯で、最初は「特にないな…でも、ありませんって言うのも怖いしどうしよう…」と悩みまくっていました。
しかし、逆質問はただ企業側に質問をするだけでなく、実は最後のアピールの場所にもなるんです!
この記事では、逆質問の基本から、どうやって自分の良さをこの時間で伝えるのか?をまとめていますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです(^^♪

1. 逆質問をされる理由

企業人事の方が新卒採用選考において学生に逆質問を求める理由は、次のようなものが主です。

・学生の入社意欲を測るため
→事前にどれだけ会社のことを調べてきるか、どれだけ入社後の自分を想像できているかで、入社志望度を判断されます。

・コミュニケーション能力を見るため
→逆質問は、学生から問いを投げかけたり、企業人事からの回答に対して切り返したりと、学生主体で会話を進めていく場です。そこでいかに会話のキャッチボールができるか、気持ちよく、違和感のないコミュニケーションを行える人なのかを見られています。

・学生にとって自分の会社が就職先として魅力的に映るようにするため
→とはいえ、企業は優秀かつ会社に合う人、会社のことを好きな人を採用したいと思っています。人事が面接の中で会社のことを話せる逆質問の中で、学生に会社の良さを伝えたり、入社前の疑問や不安をできる限り解消できる話をしたりすることで、学生に入社意欲を高めてもらいたい、という意図も込められています。

2. 逆質問の基本

まず前提として、「自分の考え+質問内容」を伝えるようにしましょう。

その上で、下記を意識して準備しましょう。
(a) 事前に調べてもわからなかった内容の質問

ホームページや記事を見ても自分がほしい情報がなかった場合、その質問をしましょう。

(b) 面接の中で気になったことに対する質問

面接中に面接官の方が発した言葉で、気になる部分があれば、それについての質問をしましょう。

(c) 面接官についての質問

事前に面接官が誰か開示された場合、事前に面接官の方について調べておき、気になった部分を質問として準備しておくとよいでしょう。

このように、自分が気になること+入社意欲を示すことができる質問を用意できるといいですね!

3.これだけはNG!自分の良さが半減する逆質問

最後のアピールポイントになる逆質問ですが、逆に言うと、最後で評価が下がってしまう可能性だって十分にあるのです…!せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、避けるべきポイントはしっかり避けるようにしましょう!

(a) 事前に調べてわかる質問

「御社の企業理念は何ですか?」「どこに転勤になる可能性がありますか?」など、ホームページを見たらわかる質問は避けるようにしましょう。この質問をすると、「この子はうちの会社にあまり興味がないんだな」「準備をせずに本番に臨む子なんだな」などのように判断されてしまう可能性があります。

(b) 企業の利益よりも自分のことを優先させる質問

「残業はありますか?」「有給は取りやすいですか?」などの福利厚生面や、「将来〇〇をしたいと思っていますが、そのために御社ではどのようなスキルを身に着けられますか?」などの自分中心な質問も、できる限り避けるようにしましょう。面接官の立場で考えてみると、「この学生はやる気あるの?」「この会社で本当に頑張ってくれる子なのかな?」と思われる可能性もあります。この質問は、内定をいただいた後の面談で聞くようにしましょう。どうしても気になる場合は、言葉を慎重に選びながらOB・OG訪問で確認するようにしましょう。

(c) 面接中に話された話題と重複する質問

たとえば、面接中に研修制度についてのお話をされたにもかかわらず、逆質問でも「研修制度はどのようなものがありますか?」と一度聞いている内容を質問することです。この例は極端ですが、一回話したのにまた同じことを聞かれると、「さっきも話したよね?」と思うのは、面接に限らずそうだと思います。長期的にみると、仕事上でのコミュニケーションをうまく取れない、取引先でも同じ質問を繰り返して相手方に違和感を持たせる、などとも判断されかねません。

4.逆質問で自分の良さを伝えるには?

★面接の中で伝えきれなかったことを織り交ぜる

事前の準備段階で、自分がどういう人物かを伝えるために、最低限これは伝えたい、と思って項目を整理しておいても、どうしても時間や質問のために伝えきれないこともあると思います。その場合、自分の伝えたい内容を織り交ぜた質問をできるとよいと思います。
「この質問によって何をアピールしたいのか」を考えて準備できるととってもよいでしょう!

例:主体性をアピールしたかったができなかったとき
「私は過去〇〇(主体性が発現したエピソード)という経験をしており、そういった自分の主体的な側面も発揮できる環境で働きたいと思っておりますが、主体性を持って働かれている現場社員さんのエピソードがあれば教えていただきたいです。」

★面接のフィードバックをいただく

面接のフィードバックを求めると、こんないいことがあります。
① 積極的に課題発見しようとする向上心を評価してもらえる
② フィードバックの中で、面接官の認識と自分が伝えたいことにズレがあったときに修正できる

おわりに

逆質問に苦手意識を持っている方は少なからずいると思います。ですが、逆質問は準備次第で自分をアピールできるチャンスにもなります。自己分析、伝える練習、企業分析を通して、会社に対する志望度や自分の強みを間接的に伝えられる逆質問をしてみてくださいね♪

とはいえ、面接の準備って自分でしていても「これでいいの?」と不安になってしまうと思うので、ぜひLibertyのキャリアアドバイザーを頼ってください!
自己分析や模擬面接など、ひとりではできないことをお手伝いさせていただきます!

就活イベント・面談にご興味のある方は是非公式LINEからご連絡宜しくお願いします!

▼23卒向け無料の就活相談は公式LINEから▼

公式LINEではイベント情報を随時発信中!ES添削、プロのキャリアアドバイザーや有名企業に内定した学生メンターによる無料の就活相談も受付中!

関連記事